神様のカルテ*夏川草介

  • 2010/04/03(土) 16:34:51

神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る

神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、信州にある「24時間、365日対応」の病院で、今日も勤務中。読んだ人すべての心を温かくする、新たなベストセラー。第十回小学館文庫小説賞受賞。


  

  第一話  満天の星
  第二話  門出の桜
  第三話  月下の雪


無類の漱石好きの主人公の、若さに似合わぬ――だが妙にしっくりと馴染んでもいる――古めかしい語り口が、物語に流れる雰囲気を和らげている。医者不足の地域の病院にあって、不眠不休と言っても過言ではない日々を送り、重病患者を送り、アル中患者のたわごとを聞く。ある意味殺伐とした日常を、この語り口が和ませているのである。時にじんとさせられ、またほろりとさせられ、しみじみとした読書タイムをすごせる一冊だった。

V
V

TB
じゅずじの旦那
itchy1976の日記
笑う学生の生活
京の昼寝~♪
花ごよみ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【神様のカルテ】 夏川草介 著

2010年の本屋大賞が昨日発表されました。大賞は、先日私も勝手ながら絶賛させていただいた冲方丁さんの「天地明察」まずは、おめでとうございますm(__)mそして、今朝紹介させていただくのは、みごと2位に食い込んだ「神様のカルテ」・・・病いの人にとって、もっとも辛い?...

  • From: じゅずじの旦那 |
  • 2010/04/21(水) 10:22:15

夏川草介『神様のカルテ』

神様のカルテ夏川 草介小学館このアイテムの詳細を見る 今回は、夏川草介『神様のカルテ』を紹介します。2010年に発表された本屋大賞第2位の作品。現役の医師が書いた作品だそうだ。 主人公は、栗原一止(くりはらいちと)といい、5年目の内科医である。夏目漱石に影響さ?...

  • From: itchy1976の日記 |
  • 2010/08/02(月) 18:44:33

いいお話です。

小説「神様のカルテ」を読みました。 著者は 夏川 草介 地方病院で働く 青年の心温まるお話 なんとも、いい話です 誰も傷つかない よさがありますね 出てくる人が 皆さんいい人ばかりで ちょっと ファンタジーを感じるほどに・・・ 病院を舞台にしているため そこに...

  • From: 笑う学生の生活 |
  • 2011/06/19(日) 17:58:42

「神様のカルテ」/夏川草介

「神様のカルテ」夏川草介(小学館) 夏川草介氏自身が現役の医師。2010年本屋大賞2位。現役の医師でもある夏川草介さんの2010年本屋大賞第2位に輝いた作品です。8/27から公開される『神様のカルテ』の原作。主人公・栗原一止が“24時間36...

  • From: 京の昼寝~♪ |
  • 2011/08/02(火) 17:41:15

神様のカルテ (夏川 草介)

主人公は栗原一止という名の、 夏目漱石を敬愛する内科医。 信州の小さな病院で働いています。 この病院は慢性的な医師不足で、 専門以外の診療をすることも常態化、 そして激務ゆえいつも睡眠不足。 そんな日々を送る栗原に、 最先端の医療を学ぶことができる、 母校...

  • From: 花ごよみ |
  • 2011/08/03(水) 19:29:25

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する