つくも神さん、お茶ください*畠中恵

  • 2010/04/10(土) 16:55:11

つくも神さん、お茶くださいつくも神さん、お茶ください
(2009/12/22)
畠中 恵

商品詳細を見る

戯作者の日々、是好日なり!人生初のエッセイ、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞“受賞の言葉”。愛する本や映画、音楽のこと。お江戸散歩に中国爆食珍道中。修業時代の苦労話、亡き師匠の思い出、創作秘話。あっと驚く意外な趣味。さらに、ここでしか読めないスペシャル書き下ろし随筆を5編収録。


まず、鳴家や つくも神たちに見守られながら執筆する著者のうしろ姿の装画がいい。著者のお人柄を表わしているようで、とてもいい。
そして、初エッセイとして、さまざまな試み(文体や構成など)が盛り込まれているのも愉しめていい。今様お江戸にいながら、江戸の暮らしに思いを馳せ、妖たちを身近なものとする心根がにじみ出ているようで、親しみが持てる。作家のエッセイはあまり好きになれないものが多いのだが、本作は、ほのぼのとして好きな一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する