蝦蟇倉市事件1

  • 2010/04/30(金) 17:29:05

蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)
(2010/01/27)
道尾 秀介伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉。この街ではなぜか年間平均十五件もの不可能犯罪が起こるという。自殺の名所に、怪しげな新興宗教や謎の相談屋。不可能犯罪専門の刑事や、とんでもない市長、そして無価値な置物を要求する脅迫者―。様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ!今注目の作家たちが、全員で作り上げた架空の街を舞台に描く、超豪華競作アンソロジー第一弾。


  弓投げの崖を見てはいけない  道尾秀介
  浜田青年ホントスカ  伊坂幸太郎
  不可能犯罪係自身の事件  大山誠一郎
  大黒天  福田栄一
  Gカップ・フェイント  伯方雪日


東京創元社の特設ページに、蝦蟇倉市の地図がある。ここで事件が起こるのである。
『まほろ市殺人事件』と似た企てだが、本作はリレー方式ではなく、話し合いで舞台設定を煮詰めたようである。70年代生まれの作家たちは、このアンソロジーを作ることをずいぶん愉しんだようだ。それは、それぞれの物語を読んでも伝わってくる。物語はそれぞれがひとつの作品であるのだが、全体として蝦蟇倉市の日常を作り上げていて、そういう意味では全体でひとつの物語とも言えるのかもしれない。一年に十五件もの不可能犯罪が起こる市・蝦蟇倉、なんと物騒で、ミステリ的には魅力的な市であることだろう。




V
V

TB
苗坊の徒然日記

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蝦蟇倉市事件1

蝦蟇倉市事件1 (ミステリ・フロンティア)クチコミを見る 「弓投げの崖を見てはいけない」道尾秀介 蝦蟇倉市にある弓投げの崖は自殺スポットで、海岸線の蝦蟇倉スカイラインを走っている時に、弓投げの崖を見てはいけないという噂がある。 安見邦夫は妻への結婚5周年の...

  • From: 苗坊の徒然日記 |
  • 2010/05/09(日) 10:43:38

この記事に対するコメント

こんにちは。TBさせていただきました。
以前、何度か本のお話をさせていただいておりました。
苗坊と申します^^

このアンソロジーはとても豪華ですよね。
どの作家さんがかかれたものも面白かったです。
もうちょっと話し同士がリンクしていればもっと良かったのにとも思いましたが。
読む分には、魅力的な都市ですよね。

  • 投稿者: 苗坊
  • 2010/05/09(日) 10:46:00
  • [編集]

まず、作家のみなさんが愉しんでいらっしゃるのがよくわかる一冊でした。
住みたくはないけれど、気になる市でしたね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2010/05/09(日) 11:23:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する