シアター!*有川浩

  • 2010/06/22(火) 19:34:14

シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。


学生のサークル乗りで、丼勘定のアマチュア小劇団・シアターフラッグの物語。しっかり者の兄・司といじめられっ子体質で甘えん坊の弟・巧のキャラクターが、お約束のようだがとてもいい。大方の予想通り、司という鉄拳宰相を得たシアターフラッグは、上手くいくかに見えたところで危機に直面し…、、という涙あり笑いありの物語なのだが、それに有川テイストが織り込まれていてとにかくいい。無条件で愉しめる一冊である。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー
笑う社会人の生活

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シアター! 有川浩著。

≪★★★☆≫ 文句なしで面白いし、読みやすかった。 有川氏なので、ついついベタ甘を期待してしまっていたので、それが少なめで正直がっかり。 でも、読みやすくて、劇団事情など面白く読めた。 いじめられっ子だった弟が劇団に入ったことにより人生の転機を迎える。 劇?...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2010/07/12(月) 12:40:25

黒字を目指す劇団

小説「シアター!」を読みました。 著者は 有川 浩 久しぶりに有川作品 相変わらずの読みやすさはあり 今作は、小劇団が舞台となっていて 解散寸前の劇団が再起するまでという・・・ もちろん、ただのそれだけではなく 公演で黒字を出すために という 劇団、演劇事情...

  • From: 笑う社会人の生活 |
  • 2015/02/25(水) 18:24:11

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2015/02/27(金) 22:24:45

この記事に対するコメント

すごく読みやすい物語でしたね。
もっと内輪ネタ的で、入り込めないかなと思ったんですけど、杞憂でした。
それにしてもいい歳してすぐに兄に泣きつく弟、イラッと来ます。(笑)

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2010/07/12(月) 12:42:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する