薔薇を拒む*近藤史恵

  • 2010/06/29(火) 21:47:54

薔薇を拒む薔薇を拒む
(2010/05/27)
近藤 史恵

商品詳細を見る

施設で育った内気な少年・博人は、進学への援助を得るため、同い年の樋野と陸の孤島にある屋敷で働き始めた。整った容姿の樋野には壮絶な過去が。博人は令嬢の小夜に恋心を抱くが、陰惨な事件で穏やかだった生活は一変する。それは悪意が渦巻く屋敷で始まる、悲劇の序章に過ぎなかった―。


  第一章  湖畔の館
  第二章  過去
  第三章  アルビノ
  第四章  亀裂
  第五章  苦い記憶
  第六章  栗毛の小馬
  第七章  喪失
  第八章  供物


17歳の博人が好条件に惹かれて引き受けた仕事は、なさぬ仲の母娘が暮らす人里離れた湖畔の洋館で庭仕事や家の中の雑用をこなすことだった。自分ひとりの部屋を与えられ、衣食住の不安のない暮らしは、はじめの内はこれ以上なく快適に思われたが、次第に内情がわかってくると腑に落ちないことも出てくるのだった。そんな折、洋館のすべてを取り仕切っていると言ってもいい中瀬が湖に浮かぶボートの中で殺されていた。それをきっかけにするように、事態は闇へと転がりだすのだった。奥様である琴子と中瀬と家庭教師のコウ。お嬢さまの小夜と博人と彼と同じ立場の樋野。最後の章で企てのすべてが明らかになり、それだけではなく思いもしなかった結末を見ることになるのである。最後の最後まで気を抜けない一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する