スタジアム虹の事件簿*青井夏海

  • 2010/07/04(日) 21:26:45

スタジアム 虹の事件簿 (創元推理文庫)スタジアム 虹の事件簿 (創元推理文庫)
(2001/04)
青井 夏海

商品詳細を見る

いつも優雅なドレスに身を包み、綺麗な靴を履いて観客席に現れるおっとりした女性・虹森多佳子。超弩級の野球音痴でありながら、なぜかプロ野球球団・東海レインボーズのオーナーを務める彼女は、奇妙な謎を次々と解決に導く才能も持ち合わせていた!安楽椅子探偵の冴え渡る推理と、優勝の夢に向かって疾走する万年最下位球団の奮闘を描いた、値千金の愛すべき本格ミステリ。


  第一話 幻の虹
     ――東海レインボーズ対京葉チャレンジャーズ 一回戦

  第二話  見えない虹
     ――東海レインボーズ対札幌ポラベアーズ 四回戦

  第三話  破れた虹
     ――東海レインボーズ対北九州スキップジャック 十三回戦

  第四話  騒々しい虹
     ――東海レインボーズ対中央フリークス 十八回戦

  第五話  ダイヤモンドにかかる虹
     ――東海レインボーズ対灘波マシンガンズ 二十六回戦


万年下位の東海レインボーズのオーナーだった亡き夫のあとを引き継ぎオーナーになった野球音痴の妻・多佳子が、球場に足を運び自球団のゲームを観戦しながら小耳に挟んだ話を元に推理し、事件の謎を解き明かし真実に迫る物語である。多佳子の視点のやさしさと、推理の見事さはもちろん、東海レインボーズの死力を尽くしたゲームの様子も愉しめて、二度おいしい一冊である。レインボーズのメンバーの名前に必ず色名がつき、迷わず味方だと判るのも親切である。多佳子さん、素敵である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する