夢見る黄金地球儀*海堂尊

  • 2010/07/10(土) 16:52:42

夢見る黄金地球儀 (ミステリ・フロンティア)夢見る黄金地球儀 (ミステリ・フロンティア)
(2007/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

首都圏の端っこに位置する桜宮市に突如舞い込んだ1億円。その名も「ふるさと創生基金」。だがその金は黄金をはめ込んだ地球儀に姿を変え、今では寂れた水族館にひっそり置かれているだけとなった――はずだった。が、ある日を境にトラブル招聘体質の男・平沼平介の日常を一変させる厄介の種へと変貌する。
8年ぶりに現れた悪友が言い放つ。「久しぶり。ところでお前、1億円欲しくない?」
かくして黄金地球儀奪取作戦が始動する。二転三転四転する計画、知らぬ間に迫りくる危機。平介は相次ぐ難局を乗り越え、黄金を手にすることが出来るのか。『チーム・バチスタの栄光』の俊英が放つ、驚愕のジェットコースター・ノベル!


  プロローグ  黄金地球儀は深海の夢を見る 1988年のある日
  第一部  召集令状 2013年・晩夏
  第二部  強奪作戦
  第三部  返却作戦
  エピローグ  カリフォルニアの青い空 二年後・2015年のある晴れた日


桜宮市が舞台であり、バチスタシリーズでお馴染みの人物も登場するのだが、医療エンターテインメントではない。ミステリで味付けされたコメディといったところだろう。だが、主人公・平介と相棒ともいえるガラスのジョーの関係は、バチスタのグッチー先生と白鳥さんそのままである。途中からはガラスのジョーの役割さえも想像できてしまうが、それもまたお約束、だろう。基本的にはドタバタ劇だが、平介の父・豪介が素晴らしくカッコイイ!気楽に愉しめる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する