試験に敗けない密室*高田崇史

  • 2010/08/23(月) 16:50:10

試験に敗けない密室―千葉千波の事件日記 夏休み編 (講談社ノベルス)試験に敗けない密室―千葉千波の事件日記 夏休み編 (講談社ノベルス)
(2002/06)
高田 崇史

商品詳細を見る

“論理パズル小説”の粋を極めた、傑作書き下ろし中編!
“千葉千波の事件日記”シリーズ第2弾!!

前作で大好評を博した論理パズル小説“千葉千波の事件日記”シリーズ、特別書き下ろし中編。今回も、天才高校生・千波くんと、浪人生の“八丁堀”、慎之介の3人組が、土砂崩れで“脱出不能の十三塚村”、“神裁きの土牢”など、続々現れる密室の謎に挑む。もちろん「解答集」付き、さらに(おそらく著者、最初で最後の)「あとがき」も収録!


密室の始まり  続いて密室  さらに密室  やはり密室  密室の終わり  <追伸簿>  あとがき


『試験に出ないパズル』で気になって仕方がなかった「八丁堀」あるいは「ぴいくん」の名前は、逆読みしているので当然本作でも判らない。(でも実はいま読んでいるシリーズ最新作の13ページに出てくるヒントで閃いたのでスッキリしている)
タイトルから容易に判るように今回は密室トリックである。八丁堀あるいはぴいくん、千波くん、慎之介のデコボコトリオが絶妙なかけあい――本人たちにそのつもりはないだろうが――で愉しませてくれる。まさかの本格推理小説か!と思わせる道具立てであるが、ラストの落ちに脱力である。だが、トリックはちゃんとしているので、愉しみながら脱力できてお得な一冊でもある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する