サクリファイス*近藤史恵

  • 2010/09/01(水) 16:37:59

サクリファイスサクリファイス
(2007/08)
近藤 史恵

商品詳細を見る

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。


  第一章  チーム・オッジ
  第二章  ツール・ド・ジャポン
  第三章  南信州
  第四章  富士山
  第五章  伊豆
  第六章  リエージュ
  第七章  リエージュ・ルクセンブルク
  第八章  惨劇
  第九章  喪失
  第十章  サクリファイス
  終章


自転車ロードレースのことはまったくわからないし、正直言ってあまり興味もなかったので敬遠していたが、もっと早く読めばよかったといまは思う。まったくの素人にも競技の概要がちゃんとわかるように書かれており、しかもごく自然に物語の中に織り込まれているので、鬱陶しい説明臭さもなく愉しめる。ミステリというジャンルに入るかと問われるといささか悩むが、事件の謎を解き明かすというのではなく、起こった出来事に至る人の心を解き明かす、という意味ではミステリであるとも言えるのではないかと思う。走ることの愉しさと、勝負の厳しさ、それぞれの思惑と行動をさまざまに愉しめる一冊である。



V
V

TB
Roko's Favorite Things
itchy1976の日記

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

近藤史恵『サクリファイス』

サクリファイス (新潮文庫)近藤 史恵新潮社このアイテムの詳細を見る 「心に残る本」の牛くんの母様推薦→記事はこちら 今回は、近藤史恵『サクリファイス』を紹介します。ツール・ド・フランスなどの自動車ロードレースを舞台にした話です。自転車ロードレースにおいて...

  • From: itchy1976の日記 |
  • 2010/12/24(金) 23:45:12

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2014/11/14(金) 15:35:10

この記事に対するコメント

ふらっとさん☆こんばんは
ロードレースを見たことがない人にも分かるように、こんなに上手く書いてくれる人がいるってことにビックリしました。
続編の「エデン」も面白いですよ~!

  • 投稿者: Roko
  • 2010/09/01(水) 23:33:36
  • [編集]

らしくない

本書は「近藤史恵らしくない」作品でしたが、すごくいい意味で裏切ってくれました
たぶん著者の中にはもともとあったテーマなりモチーフだと思うのですが、スポーツとしてのスピード感と心理描写が巧みで、テレビドラマ「ER」を見ているようでした(褒め言葉になるかどうか?)
「エデン」まだ読んでいませんが、また楽しみなシリーズが増えました

  • 投稿者: チョロ
  • 2010/09/02(木) 18:35:50
  • [編集]

Rokoさん

とても巧みに物語に織り込まれていて、自然に自転車ロードレースを愉しめました。
『エデン』もさっそく読みはじめます。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2010/09/02(木) 18:43:45
  • [編集]

チョロさん

ほんとうに、プラスに裏切られました。
近藤さん、自転車ロードレース大好きみたいですよ。
それが伝わってくる一冊でした。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2010/09/02(木) 18:45:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する