fc2ブログ

謎解きはディナーのあとで*東川篤哉

  • 2010/12/23(木) 19:06:40

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る

執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!

ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子ですが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山です。
彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手です。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていきます。
本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリです。


第一話 殺人現場では靴をお脱ぎください
第二話 殺しのワインはいかがでしょう
第三話 綺麗な薔薇には殺意がございます
第四話 花嫁は密室の中でございます
第五話 二股にはお気をつけください
第六話 死者からの伝言をどうぞ


大富豪・宝生家の令嬢の麗子は国立署の警部である。そして直属の上司の風祭は中堅自動車メーカー・風祭モータースの御曹司。なにかと出自をひけらかす風祭と違い、麗子が宝生家の令嬢だと言うことは警察でもほんの一部しか知らず、彼女自身も隠している。だが、仕事が終わるや否や執事の影山が運転するリムジンが近くまで迎えに来て、麗子はそこでお嬢様に戻るのである。このわかりやすい設定とキャラクターがどたばた喜劇そのもので笑ってしまうが、面白い。執事の影山の人を食ったような慇懃無礼さもなかなかである。彼が見事な推理を披露する得意げな顔が目に浮かぶようである。大掃除の合間にも気軽に愉しめる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する