FC2ブログ

つるかめ助産院*小川糸

  • 2011/01/28(金) 17:05:17

つるかめ助産院つるかめ助産院
(2010/12/03)
小川 糸

商品詳細を見る

辛い出生の秘密を抱えるまりあは、ある日突然失踪した夫を探して、南の島をおとずれる。島の助産院の先生から予期せぬ妊娠を告げられて―。すべての命に贈る、誕生と再生の物語。「今ここにいる」ことの奇跡を力強く描き出す感動長編。


自分が幸福だと一度も思ったことのない主人公まりあは、突然いなくなった夫を探して――とは言っても自分でも見つかるとは思っていないようなのだが――南の島へやってきた。そこで助産院を開いているつるかめ先生(鶴田亀子)に声をかけられ、成り行きで助産院にお邪魔することになるところからはじまる物語である。
なんとまりあは夫・小野寺君との子どもを宿しており、妊婦として島で暮らすことで、寄りかかっているばかりの自分から誰かのためになにかをする自分へと少しずつ変わっていくのだった。
小野寺君のこととか、島の人たちの抱える事情とか、細かいあれこれで表面的な描写でさらっと流した感じがなくもないが、全体的にみれば生きること、育むことの戦いとも言える壮絶さと、人のなかにいることの安心がよく伝わってくる一冊である。
「都会の人はがんばってリラックスする」という言葉が印象的だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する