彼女のしあわせ*朝比奈あすか

  • 2011/01/30(日) 21:37:52

彼女のしあわせ彼女のしあわせ
(2010/05/20)
朝比奈 あすか

商品詳細を見る

独身を選んだ長女。育児に追われる次女。不妊に悩む三女。夫の言いなりだった人生に惑う母。女たちはあやふやなものを背負いながら、悩み傷つき生きていく。女の人生に“普通”はない。今を生きる彼女たちの心の叫びを見つめ、哀しみを包み込む女の幸せを細やかな筆致で描く、三姉妹と母親の物語。


 第一章 凪子の空
 第二章 月子の青
 第三章 征子の道
 第四章 佐喜子の家
 第五章 征子の海
 月子ちゃんへ


三姉妹と母という近しい関係として描かれているので、ことさら生き方の違いが目立つように思うが、これは家族の物語であるというよりも女たちの物語なのだろう。家族という血のつながった関係であっても、その価値観はそれぞれで、なにがしあわせかなとどいうことはほかの人にはほんとうのところは解らないのかもしれない。そして、完全に足りることがしあわせであるとは限らないのだ。足りないところを補い合うしあわせというものもあり、足りないところを自分で埋めていくしあわせもあり、足りないということに気づいて受け容れるしあわせもまたあるのである。自分のほんとうに大切なものはなにかということを考えさせられる一冊である。




V
V

TB
こみち

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝比奈あすか 「彼女のしあわせ」

JUGEMテーマ:読書感想文  姉妹の関係は、一見して最悪のようだけど実は目に見えていた状況とは違っている。いがみ合っていた姉妹は、実はお互いにライヴァル意識を燃やしていただけで、根底ではあこがれていたのでしょう。 家族の絆は、そう簡単には駄目?...

  • From: こみち |
  • 2012/01/31(火) 20:44:57

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する