FC2ブログ

モルフェウスの領域*海堂尊

  • 2011/02/04(金) 14:32:51

モルフェウスの領域モルフェウスの領域
(2010/12/16)
海堂 尊

商品詳細を見る

日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の “凍眠”を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する―“バチスタ”シリーズに連なる最先端医療ミステリー。


ミステリと言えるかどうかはともかく、新しい桜宮市シリーズである。主役は――ほとんどの部分が凍眠(とうみん)状態なのだが――佐々木アツシ。実質的な主役は、モルフェウスと名づけたアツシの維持管理をする日比野涼子と言っていいだろう。描かれているのはほんとうにすぐそこの未来である。医療――というか医療機器のシステムだろうか――は格段に進歩しているようだが、お役所仕事は相変わらずのようで、医療現場との温度差が見え隠れし、医療の側の歯がゆさが見て取れる。そして枝葉はさまざまあるが、最も印象深かったのは母性ということについてである。日比野涼子の決断は母性愛以外で説明はできないのではないだろうか。涼子の未来が気になる一冊である。




V
V

TB
じゅずじの旦那

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【モルフェウスの領域】(海堂尊)を読了!

NHKでは「マドンナ・ヴェルデ」がドラマ化されてるし、海堂さんものはあいかわらずの人気ですね。でもちょっと、食傷気味でもありますけど・・・「ハイパーマン・バッカス」のアツシが5年の眠りから目覚めた。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【...

  • From: じゅずじの旦那 |
  • 2011/04/28(木) 10:07:13

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する