チーズと塩と豆と

  • 2011/03/24(木) 16:57:04

チーズと塩と豆とチーズと塩と豆と
(2010/10/05)
井上 荒野、江國 香織 他

商品詳細を見る

10月放送の、NHK・BSハイビジョン紀行番組「プレミアム8」に登場する4人の女性作家が、それぞれヨーロッパのスローフードやソウルフードを求めて旅をし、その土地を舞台に書かれる短編小説アンソロジー。その小説は、ドラマ化され、番組に挿入される。井上荒野はピエモンテ州(イタリア)、江國香織はアレンテージョ地方(ポルトガル)、角田光代はバスク地方(スペイン)、森絵都はブルターニュ地方(フランス)。


「神さまの庭」角田光代 「理由」井上荒野 「ブレノワール」森絵都 「アレンテージョ」江國香織

ヨーロッパのそれぞれの国や地方の風土と土地の食べものがそこに住む人を作っているのだと思わされる。そしてものを食べるということがからだに栄養をいきわたらせるというだけでなく、人と人との関係や明日がくることを信じられる力までもを育むのだとわかる。たぶんおろそかにすればいつか自分に返ってくるのだろう。同じものを食べたい人がいるしあわせを噛み締めるような一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する