FC2ブログ

白虹*大倉崇裕

  • 2011/04/19(火) 14:45:41

白虹白虹
(2010/12)
大倉 崇裕

商品詳細を見る

仕組まれた謎、驚愕の真相。北アルプスの山小屋で働く元警官の五木健司はある遭難者を救助したことがきっかけで殺人事件の真相を追うことに…傑作長篇ミステリー。


なにか過去を背負っているような五木が主人公。その過去の経緯も気になり、はじめから惹きこまれる。そして普通の人なら見過ごしてしまうようなちょっとした違和感をそのままにしない五木の性格ゆえに、ひとりの登山者の命を救うことになるのである。それがまさに物語のはじまりなのだった。五木が自分を責めながらも巻き込まれることになる事件でも、やはり違和感を捨てておけない性格がさまざまな真実を白日の元に晒すことになり興味深い。そしてラスト近く、あとは五木の身の振り方だけが気がかりだな、と思った辺りから様相はガラッと変わるのである。パズルのピースが次々にはまっていくように信じたくない真実が明るみに出てくるのは、やりきれなくもあるが、腑に落ちる感じもあってとても面白かった。読み応えのある一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する