FC2ブログ

きことわ*朝吹真理子

  • 2011/04/30(土) 16:58:07

きことわきことわ
(2011/01/26)
朝吹 真理子

商品詳細を見る

永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる―。第144回芥川賞受賞。


どうしても小路幸也さんの『キサトア』を思い出してしまうので、貴子と永遠子は双子と勝手に思っていたのだが、七歳も歳の差があるのだった。しかもまったくの他人同士である。物語は簡単に言ってしまうと、少女時代のひとときを仲睦まじく過ごした二人が、二十五年の隔たりのあとある理由で再会し、幼いときのことを懐かしむというものである。だがそこには、なにか現実を生きていない頼りなさのようなものが窺われ、過去と現在とが時折入り交じって不思議な心地にさせられる。著者がお若い方だということは知っているが、ひとたびページを開くと言葉の選び方からも文章からも古風な趣が感じられて、著者の年齢を忘れさせられるのだった。最後まで読み終えてプロフィールを見るとき、改めてその若さと物語の雰囲気の落差に驚かされるのである。いまいる場所をふと見失いそうになる一冊でもあった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する