作家の口福

  • 2011/05/05(木) 16:48:09

作家の口福 (朝日文庫)作家の口福 (朝日文庫)
(2011/02/04)
恩田 陸

商品詳細を見る

贄沢なチーズ鱈、卵の黄身をとろっと絡めたトースト、はんぺんのオイルフォンデュ、白砂糖入りの七草粥、ハーブティーで淹れたココア、モンゴルのいのちを頂くヤギのシチュー…20人の作家が自分だけの“ご馳走”を明かす。読めば「美味しい!」を共感できる極上のエッセイ集。


恩田陸/ 絲山秋子/古川日出男/村山由佳/井上荒野/山本文緒/藤野千夜/川上未映子/森絵都/津村記久子/三浦しをん/江國香織/朱川湊人/磯崎憲一郎/角田光代/道尾秀介/池井戸潤/中村文則/内田春菊/中島京子

なんと贅沢なラインナップであることか。しかもそれぞれが、好きな食べものやそれらにまつわるエピソードをいくつか披露しているのである。いやでも興味が湧くというものである。作家というもの、接待されたり取材旅行だったりお祝いだったりとさぞおいしいものをたくさんお召し上がりで、庶民には手の届かないものがずらっと並んでいたらどうしよう、などといささか心配もしたが、意外に庶民的な食べものたちが並んだので安心して読めたのだった。文句なく愉しい一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する