FC2ブログ

Vintage '06

  • 2011/05/29(日) 13:58:51

vintage '06 (ヴィンテージ・シックス)vintage '06 (ヴィンテージ・シックス)
(2006/06/09)
石田 衣良、角田 光代 他

商品詳細を見る

6人の直木賞作家が贈る、芳醇、至高のアンソロジー。
ワインは愛をはぐくみ、愛は物語を生む。
●石田衣良
「父の手」……岩の原ワイン(上越市、岩の原葡萄園)
●角田光代
「トカイ行き」……TOKAJI ASZU HETSZOLO 1995 6put(ハンガリー、トカイ)
●重松清
「ひとしずく」……CHATEAU BEYCHEVELLE 1962(フランス、ボルドー)
●篠田節子
「天使の分け前」……CHEVALIERMONTRACHET 1990(フランス、ブルゴーニュ)
●藤田宜永
「腕枕」……CHATEAU HAUT BRION 1971(フランス、ボルドー)
●唯川恵
「浅間情話」……登美(甲斐市、登美の丘ワイナリー)


サントリー株式会社 ワイン事業部の協力により、小説現代に連載された作品をまとめたものだそうである。
実在するワインが必ず登場し、それが物語の重要な要素になっている。すべて恋愛小説になっているのは、そういう決まりごとがあったのだろうか、それともワインが恋愛に結びつきやすいということなのだろうか。感動的だったり哀しかったり切なかったりと状況はさまざまだが、ビールでもウイスキーでも日本酒でもなく、恋愛の一場面にはやはりワインが似合っている。わたしはまったく飲めないのだが、ワイン好きな人が読めばまた違った愉しみ方もできるのだろう。芳醇な一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する