ポリス猫DCの事件簿*若竹七海

  • 2011/06/01(水) 17:08:46

ポリス猫DCの事件簿ポリス猫DCの事件簿
(2011/01/20)
若竹 七海

商品詳細を見る

島に一人の駐在は、今日もてんてこまい。神奈川県の盲腸と呼ばれる葉崎半島の先、30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす猫の楽園、通称、猫島。厄介ごとは次々起こるものの、対処するのは島にある派出所に勤務する七瀬晃巡査ただ一人。そして目つきの悪い巨大なドラ猫こそ、七瀬唯一の同僚、ポリス猫DC。DCの推理は今回も冴えるのか? コージーミステリの名手、若竹七海の葉崎シリーズ待望作!!


葉崎シリーズである。猫島である。猫島臨時派出所勤務のおまわりさん・七瀬晃と星章入りの首輪をつけたポリス猫DCのドタバタ大活躍である。今回も愉しい。しかしまあこの猫島、よくもこれだけ日々なにかしらトラブルが起きているものである。しかもたいていは外から持ち込まれた物や入ってきた人によってもたらされるものである。島に一人しかいないおまわりさんとしての七瀬の忙しさは並大抵ではない。お風呂には入れなかったり昼食を食べ逃したりすることは日常茶飯事なのである。そんななか、ポリス猫DCが要所要所で事件の鍵を嗅ぎ当て、ヒントを示唆してくれるのが見所である。なかなか鋭い猫なのである。そしてそのヒントを推理から謎解きにつなげる七瀬もまた目立たないながら敏腕なのである。実はすばらしいコンビなのだ。文句なく愉しめる一冊である。
ところでポリス猫DCの「DC」ってなんの略?どこかに出てきていただろうか。ドラキャット……かな?気になる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する