FC2ブログ

ギャングスター・レッスン*垣根涼介

  • 2011/06/14(火) 07:29:10

ギャングスター・レッスンギャングスター・レッスン
(2004/06/20)
垣根 涼介

商品詳細を見る

渋谷時代、百人を擁するチームのヘッドだったアキは、チーム解散後、海外放浪を経て帰国。犯罪プロフェッショナルへの参加を決意する。そんな彼を、あらゆるクライム・テクニックを習得するための過酷な試練が待ち受けていた!大薮春彦賞・吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞受賞!三冠に輝くホープが放つ、受賞第一作。


前作『ヒート アイランド』は柿沢・桃井とアキとの出会い編、といったところだったようである。今作では柿沢・桃井チームに仲間入りしたアキを筋金入りのギャングにするための過酷なレッスンの模様が描かれている。裏街道を行くギャングではあるが、プロであることの厳しさがひしひしと伝わってくる厳しさであり、たいていのことはこなせるようになったアキだが、最後に若さと経験不足ゆえの詰めの甘さが、チーム全体をとんでもない窮地に陥らせる辺りが手に汗握る綱渡り的見せ場である。アキの成長がたのしみになってしまう一冊である。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギャングスター・レッスン 垣根涼介著。

≪★★★≫ 「サウタージ」の前にすでに「ヒートアイランド」の続編が存在していた! やはり途中からファンになった作家の作品は、出版順に読まないとこういうことになっちゃうのね。 う~ん、「サウタージ」への助走的な内容?だから、どうにもこうにも乗れなかったな~…

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2011/06/27(月) 13:08:14

この記事に対するコメント

「ヒート・アイランド」ではアキたちの物語だったはずが、おじさんたちすごいですよね。
犯罪者なのに、格好いい、なんて思ってしまいます。(爆)

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2011/06/27(月) 13:10:34
  • [編集]

>犯罪者なのに、格好いい、なんて思ってしまいます。

おっしゃるとおり、おじさんたちカッコよすぎです。
その分アキの若さが目立ちますね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2011/06/27(月) 13:30:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する