あなたがいる場所*沢木耕太郎

  • 2011/07/09(土) 16:34:14

あなたがいる場所あなたがいる場所
(2011/04)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る

理不尽なイジメに苦しむ少年が出会った、赤く染まる白い鳩。家族の在り方に戸惑う少女を奮い立たせた、一台のピアノ。事故で娘を亡くした父親の苦しみを断ち切らせた、片腕のない男。バスを降りたその街で、人々は傷つき憂えながら、静かに痛みを超える。九つの物語が呼び覚ます、あの日の記憶―。深い孤独の底に一筋の光が差し込む、著者初の短編小説集。


初の短編集だそうである。どの物語もやさしくわかりやすい。そして、どんなに哀しく切なくても最後には光を見せてくれる。それがたとえほんの微かなものだとしても。人の真心を信じられる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

学生時代に「敗れざる者たち」「若き実力者たち」など、特にスポーツ関係でのノンフィクションに出会い、衝撃を受けたものとしては、小説は読みたくない、というのが本音です。以前、長編小説を読んだときは、先入観のせいかあまりいいとは思わなかったのですが、沢木さんも書くものに迷うようになってきたのか、それとも今までの仕事から必然的に小説に流れていったのか、知りたいような知りたくないような…

  • 投稿者: チョロ
  • 2011/07/10(日) 06:36:39
  • [編集]

わたしはあまり沢木耕太郎さんには馴染みがないのですけれど
もともとはノンフィクションを書かれる方だったのですね。
そうすると、本作はまったく方向性が違う作品ですね。
悩まれるのもわかる気がします。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2011/07/10(日) 06:53:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する