太陽の坐る場所*辻村深月

  • 2011/07/13(水) 19:59:50

太陽の坐る場所太陽の坐る場所
(2008/12)
辻村 深月

商品詳細を見る

高校卒業から10年。クラス会に集まった男女の話題は、女優になったクラスメートの「キョウコ」。彼女を次のクラス会へ呼び出そうともくろむが、「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。よみがえる「教室の悪意」。28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。辻村深月の新境地。


地方の高校の同級生の十年後の物語である。高校二年と三年を同じ教室で過ごしたクラスメイトも、卒業後、地元に残った者あり、東京に出た者あり、結婚した者、女優になった者、地元テレビ局のアナウンサーになった者と、さまざまである。毎年クラス会として集まるたびに高校時代の残酷な罪深さを再認識することになるのである。高校時代と現在との印象がどうも合致しない人がいてずっと気になって仕方がなかったのだが、そういうからくりだったのか。そこが腑に落ちると物語りはがらりと様相を変える。その辺りは確かに面白かったが、内容にはさほど目新しさを感じられなくて、いささか残念でもある。映像化が不可能という点では面白い一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する