オレたち花のバブル組*池井戸潤

  • 2011/09/28(水) 20:12:09

オレたち花のバブル組オレたち花のバブル組
(2008/06/13)
池井戸 潤

商品詳細を見る

東京中央銀行営業第二部次長の半沢は、巨額損失を出した老舗のホテルの再建を押し付けられる。おまけに、近々、金融庁検査が入るという噂が。金融庁には、史上最強の“ボスキャラ”が、手ぐすねひいて待ち構えている。一方、出向先で、執拗ないびりにあう近藤。また、精神のバランスを崩してしまうのか……。空前絶後の貧乏くじをひいた男たち。そのはずれくじを当りに変えるのは自分次第。絶対に負けられない男たちの闘いの結末は?!

前作の「オレたちバブル入行組」から、責任もピンチもパワーアップして帰ってきました。連載時とは結末もキャラクターもがらりと変わり、ほろ苦さも加わったバブル組をお楽しみください。

すべての働く人にエールをおくる等身大サラリーマン小説


前作につづき、半沢節炸裂である。佳境に入った時の言葉遣いが相変わらず好きにはなれないのだが、それが半沢のキャラクターなのだと思い切ることにする。バブル入行組の同期たちの力も借り、銀行にとっての厄介の種であり、被害者のようでもある伊勢島ホテルの社長に意気を買われ、金融庁のオネエ言葉の担当者には徹底的に嫌われる。だが半沢は、苦境に立たされるほどに銀行員魂が燃え上がるようであり、次はどんな証拠を見つけ出してどんな風に追い詰めるのかと、はらはらどきどきしながら見守るのである。味方につけると頼もしいが、敵に回すと途方もなく厄介な人物ということだろう。半沢の妻の花さんの金融庁に対する啖呵もなかなかのもので、拍手したくなった。それぞれの道を歩んでいるバブル入行組だが、これからどうなっていくのだろう、と興味が尽きない。さらにつづきを読みたくなる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する