FC2ブログ

コンニャク屋漂流記*星野博美

  • 2011/10/02(日) 16:59:37

コンニャク屋漂流記コンニャク屋漂流記
(2011/07/20)
星野 博美

商品詳細を見る

返還時の香港に密着した骨太なルポルタージュや、ネコと暮らす日常を淡々と描いたエッセイなど、独特な作風が支持されている星野さん。最新作は、「コンニャク屋」と呼ばれる漁師だった自身の一族の歴史がテーマです。祖父が残した手記を手がかりに、五反田から千葉・御宿、そして和歌山へ、ルーツ探しの珍道中が始まります。笑いと涙のなかに、家族や血族の意味を静かに問い直す作品です。


著者自らのルーツをたどる旅のような一冊である。現在と過去、五反田から岩和田、そして紀州へと――文献や長老の話、祖父の手記などから――時間を、――実際にその場に立って――場所を行き来して、謎解きをするように少しずつ糸を手繰り解き明かしていく作業を、著者と一緒にしているような心地になる。コンニャク屋の人たちが愛おしくなり、いま自分がここに在るということに感謝したくなる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する