境遇*湊かなえ

  • 2011/11/27(日) 17:07:38

境遇境遇
(2011/10/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る

主人公は36歳のふたりの女性。
政治家の夫と幸せな家庭を築き、さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。
家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。ふたりは親友同士であるが、共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。
ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。
真実とは一体何なのか ……。
晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。
犯人はその女性なのか、それとも……。
人 は生まれる環境を選べない。しかし、その後の人生は自分の意思で選び、自分の手で築いていくことができる。
犯人の示す「真実」が明らかになるとき、ふたりの歩んできた境遇 =人生の意味が改めて浮き彫りになっていく。


この設定にしては、心がどんよりと重くて仕方がなくなるような物語ではなかったが、誰にも気を許せない不幸を感じられる物語ではある。登場人物の描き方もいささかわかり易すぎと言ってもいいかもしれない。陽子さんも夫の正紀さんも、いい人過ぎる。面白かったが、著者にはもっと上を期待してしまう。裕太くんが傷つかなくてよかった、と思わされる一冊。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する