我が家の問題*奥田英朗

  • 2012/01/18(水) 17:13:41

我が家の問題我が家の問題
(2011/07/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る

平成の家族小説シリーズ第2弾!
完璧すぎる妻のおかげで帰宅拒否症になった夫。両親が離婚するらしいと気づいてしまった娘。里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦。誰の家にもきっとある、ささやかだけれど悩ましい6つのドラマ。


「甘い生活」 「ハズバンド」 「絵里のエイプリル」 「夫とUFO」 「里帰り」 「妻とマラソン」

六つの我が家の問題物語である。とても興味深い。生まれ育った家庭のやり方を、疑いもせずに行いながら日々過ごしていた幼いころ、そして何気ないおしゃべりに友人の家と我が家は少し違うのではないかと、そこはかとない疑問を抱くようになる小学生時代。訊くに訊けずに成長し、自分の家庭を持つようになれば、そこには別の家庭で育ってきた他人同士の軋轢も生じるのである。他所の家庭はこんなときどうするのだろう、という根源的な疑問に答えてくれる物語である。参考になるかどうかは別問題としても、こんなことを思い煩っているのは自分だけではないと安心させてくれる一冊でもある。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

我が家の問題 奥田英朗著。

≪★★★≫ それぞれの<我が家の問題>。 「甘い生活?」・・・ 夫が帰宅拒否症の新婚夫婦。 一人暮らしからいきなり同居になると、そりゃお互い我慢が必要なんだけどね。 「ハズバンド」・・・ 実は会社で使えない夫だと知ってしまった妻は・・・。 そり…

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2012/03/06(火) 22:05:04

この記事に対するコメント

ああ、これは「家日和」のシリーズでしたね。
どちらかというともっと笑いたかったんですけど、小笑いってところで。(苦笑)
夫が会社でどう思われてるかって、知るの怖いですよね~。(笑)
UFOを信じる夫と見守る妻が私は好きでした。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2012/03/06(火) 22:07:43
  • [編集]

小笑、苦笑
まさにそんな一冊でしたね。
でも、「あるある」的な要素もあっておもしろかったです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2012/03/07(水) 06:45:57
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する