かなたの子*角田光代

  • 2012/03/12(月) 16:58:04

かなたの子かなたの子
(2011/12)
角田 光代

商品詳細を見る

生れるより先に死んでしまった子に名前などつけてはいけない。過去からの声があなたを異界へといざなう八つの物語。



「おみちゆき」 「同窓会」
「闇の梯子」 「道理」
「前世」 「わたしとわたしではない女」
「かなたの子」 「巡る」

現在の自分が現在のことだけで成り立っているはずはなく、生れ落ちて、いや、まだ姿形もなかった遠く見知らぬ自分のルーツともいうべきはるかな過去から、連綿と続く何かに常に働きかけられて、いまここに在るのである。そしてそんな自分も、これから自分では見ることのないはるか未来へと続く命に、働きかけているのである。たとえ無意識だったとしても。気づかなければなんということもない日常のふとした裂け目から滲み出てきた何かに全身染められてしまうような、裂け目から自分が滲み出して向こう側へ行ってしまうような、背筋に冷や水を浴びせられるような心地の一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する