ナミヤ雑貨店の奇蹟*東野圭吾

  • 2012/06/13(水) 21:33:54

ナミヤ雑貨店の奇蹟ナミヤ雑貨店の奇蹟
(2012/03/28)
東野 圭吾

商品詳細を見る

夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。


 第一章 回答は牛乳箱に
 第二章 夜更けにハーモニカを
 第三章 シビックで朝まで
 第四章 黙祷はビートルズで
 第五章 空の上から祈りを

ナミヤ雑貨店のシャッターの郵便受けと牛乳箱は未来と過去に繋がっている。不思議な設定だが、すんなり納得できてしまうのは、さまざまな点がどんどんつながり、ひとつの輪になっていく見事さゆえだろうか。登場人物の誰ひとりとしてその輪の中に入っていない人はいなく、ひとつひとつの小さな出来事がすべて別の出来事とつながっている。時間と空間を超えて、人が人のことを深く真剣に考える真摯さと熱意、それに対する感謝と恩返しの心の温かさが、いたるところにあふれている。
著者には珍しいファンタジーである。こういう東野さんも好きだと思わされる一冊である。


V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾著。

《★★★》 空き巣に入った三人組が逃げ込んだ空き家。そこに投げ込まれた悩み事の手紙。 面白がって返信するとまた返事が返ってきた。 その空き家は、かつて悩み事を解決してくれ

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2012/11/23(金) 22:19:43

この記事に対するコメント

見事につながりましたね~。
もしや全部繋がる??と予感しつつ、本当に繋がって、おお~、なるほど~って。
一夜限りの復活をおじいさんが確信してたりとか、なんで?って思うところもありましたけどね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2012/11/23(金) 22:21:36
  • [編集]

ひとつも漏らさずにきっちりつながると、気持ち好いですね。
あぁ、あぁ、なるほど~、あの人がここに、とかあれがあったからいまこうなっているのね、とか、うなずきながら愉しみました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2012/11/24(土) 07:34:18
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する