作家の放課後

  • 2012/06/22(金) 17:07:49

作家の放課後 (新潮文庫)作家の放課後 (新潮文庫)
(2012/02/27)
「yomyom」編集部

商品詳細を見る

人間だから、得手不得手はある。出来ない、やりたくないと決め付けて、今まで目を背けてきたこともある。大人になった今だからこそ、勇気を出してチャレンジしてみようじゃない! 現代を代表する人気作家が、時に及び腰になりながらも、持ち前の情熱と根性で未経験の分野に挑む。その貴重な体験を克明に記した、雑誌「yomyom」連載の爆笑エッセイアンソロジー。


放課後こそがまさに授業、という一冊である。常の仕事である文章を書くことから離れ、それぞれの興味の赴くままに――あるいは編集者に乗せられて――別のジャンルのことに挑んでいる。顔ぶれも豪華だが、挑む内容も様々で文句なく愉しめる。知らなかったことをいろいろ知ることもできて、自分の興味も満たされる。製本用語の「花布(はなぎれ)」を初めて知り、本を見る目も変わりそうである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する