勝ち逃げの女王--君たちに明日はない4*垣根涼介

  • 2012/06/24(日) 14:14:04

勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4勝ち逃げの女王: 君たちに明日はない4
(2012/05/22)
垣根 涼介

商品詳細を見る

どんなに時代が悪くても、仕事のデキる奴はいる──大ヒット痛快お仕事小説第四弾! 業績の悪さを、景気のせいにしていませんか? リストラ請負人・村上真介が、そんなサラリーマンの甘えをぶった斬る! 今回のターゲットは“団塊の世代”の定年組から、バブルを謳歌した40代、そして「ロスジェネ」世代まで。様々な時代を生きる彼らにとっての仕事とは? そして人生とは……読めば元気がわいてくる大ヒットシリーズ最新刊。


表題作のほか、「ノー・エクスキューズ」 「永遠のディーバ」 「リヴ・フォー・トゥデイ」

真介のリストラ請負人という仕事もすっかり馴染みのものとなった今作であるが、いままでとはいささか趣が違い、ただ辞めさせるだけではなく、引き留め、他部署への転籍を促すという役割も担うことになる。労働基準法違反にならないように、話の誘導の仕方にも技が要る。そんな事情もあってか、真介の面接を受ける面々の個性も際立っているように思われる。辞めさせる側、辞めさせられる側、元リストラ組、どのキャラクターも味があっていい。一生懸命に自分の人生を生きているのがよくわかり、思わず背筋を伸ばしてしまうような一冊である。次も愉しみ。



V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー
京の昼寝~♪

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

勝ち逃げの女王ー君たちに明日はない4 垣根涼介著。

《★★★》 「君たちに明日はない」の第4弾。 リストラ請負業の真介は、今回もまたターゲットとなる会社で面接を繰り返す。 「勝ち逃げの女王」・・・ 航空会社AJA。赤字垂れ

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2013/03/04(月) 11:09:35

「勝ち逃げの女王」/垣根涼介

「勝ち逃げの女王」/垣根涼介(新潮社) シリーズ第三作、『張り込み姫 ―君たちに明日はない3―』を、この本を読む前に復讐・・・もとい復習の意味で読んでおきましたこのシリーズの描かれる主軸となるのは、リストラ請負人(面接者)被面接者の攻防戦勝ち逃げの女王...

  • From: 京の昼寝〜♪ |
  • 2014/11/14(金) 12:32:59

この記事に対するコメント

やっぱり使える人間は欲しいです米。
最後の章の、できる人間だけ集めてもまたそこから人間は分けられていく、って、なるほど、そうだなと思いつつ、人間の集まるところ結局はどちらかに分けられる戦いなんですね~。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2013/03/04(月) 11:13:21
  • [編集]

まったくおっしゃる通りですねぇ。
わかりやすいところでは、学校なんかもそうですよね。
どんな難関校に入っても、その中ではまたランク付けされ、落ちこぼれも出てくる。
ジレンマはあるけれど、だからこそモチベーションも上がるということもありますね。

それにしても、リストラする側も、気力体力の消耗は半端なものではなさそうです。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2013/03/04(月) 13:27:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する