FC2ブログ

夜をぶっとばせ*井上荒野

  • 2012/07/21(土) 13:38:08

夜をぶっとばせ夜をぶっとばせ
(2012/05/18)
井上荒野

商品詳細を見る

いじめにあっている長男、シメジしか食べなくなってしまった娘、そしてろくに働かない夫。ある日、メル友募集の掲示板に書き込みをしたことで、35歳の主婦・たまきの人生は転がりはじめる……直木賞作家が掬いあげるように描く、不穏で明るい家族の姿。


表題作のほか、「チャカチョンバへの道」

若さゆえなのか、場の空気ゆえなのか、いまとなってはさっぱり判らなくなった結婚の理由。息子は学校でいじめられ、娘は繊細に感じ取りすぎるせいか心の均衡を崩し、夫はろくな仕事もせずに妻を乱暴に扱う。たまきは、そんな暮らしから逃げるようにメル友募集のサイトに書き込みをし、幾人もの男とデートをするようになる。この物語だけなら、後味はよくないが、よくある話しであるとも言えるのだが、全く別の物語だと思っていたもうひとつの物語が、続編のようになっていて、これがあることで俄かに不穏さが増すのである。なにかどこかが普通ではない、ほんの半歩くらい外れた場所に来てしまったような居心地の悪さに背中がむずむずするのである。さらりと穏やかに描かれているからなおさらである。怖い、と言ってしまってもいい一冊ではないだろうか。



V
V

TB
りゅうちゃん別館

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「夜をぶっとばせ」井上荒野

どこか狂った、痛い妻と男が出てくる小説。 二つの作品はつながっている。    【送料無料】夜をぶっとばせ [ 井上荒野 ]価格:1,575円(税込、送料込) 「夜をぶっとばせ」 主人公の...

  • From: りゅうちゃん別館 |
  • 2013/06/08(土) 09:36:01

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する