fc2ブログ

夜の国のクーパー*伊坂幸太郎

  • 2012/07/31(火) 18:29:12

夜の国のクーパー夜の国のクーパー
(2012/05/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

この国は戦争に負けたのだそうだ。占領軍の先発隊がやってきて、町の人間はそわそわ、おどおどしている。はるか昔にも鉄国に負けたらしいけれど、戦争に負けるのがどういうことなのか、町の人間は経験がないからわからない。人間より寿命が短いのだから、猫の僕だって当然わからない――。これは猫と戦争と、そして何より、世界の理のおはなし。どこか不思議になつかしいような/誰も一度も読んだことのない、破格の小説をお届けします。ジャンル分け不要不可、渾身の傑作。伊坂幸太郎が放つ、10作目の書き下ろし長編。


伊坂さんだなぁ、と思う。初期の伊坂作品が大好きな人には受け入れられないのかもしれないが、伊坂さんが胸に抱いていることは終始一貫しているのだと思う。この路線でこれからもいくのだろう、きっと。主に猫の視点で語られ、ときどき、その猫に拘束され、彼の話を聞かされている――猫は話せるのである――人間の考えが挟み込まれる。初めて彼らが会話する場面に出くわしたとき、これはもしかすると…、と思った(書けないが)のだが、案の定そうであった。それはそれとして、人間社会でも猫や鼠のそれでも、支配者の摂理は変わらないのか、と思うとやるせなくもなる。が、どんな場合でも、立ち上がるものは現れるのだという希望も残してくれたようで、ほっと息が吐ける気もする。大きくて小さな世界の一冊である。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜の国のクーパー 伊坂幸太郎著。

《★★☆》 ああ~、こういうなにかの喩え話みたいなの、苦手。 猫と戦争と、世界の秘密の話。 戦争で負けた国に、敵国(鉄国)の兵士がやって来る。そして王を殺し、町の住民はこ...

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2013/08/14(水) 16:41:16

この記事に対するコメント

こんにちは~。
私はどうもこういうの苦手で・・・。結局、ふらっとさんがなにに案の定そうであったと思ったのかさえ、ちっとも分からなくて・・・。
とりあえず読んだ、って感じでした。(涙)

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2013/08/14(水) 16:43:44
  • [編集]

わたしもどちらかというと、もっとわかりやすい物語が好みです。^^;
でもこの暗示的な寓意的な世界で伊坂さんが何を伝えたいのだろう、と想いめぐらせるのは愉しくもあります。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2013/08/14(水) 17:18:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する