fc2ブログ

ウィンディ・ガール--サキソフォンに棲む狐 Ⅰ*田中啓文

  • 2012/10/11(木) 17:01:30

ウィンディ・ガール サキソフォンに棲む狐I (サキソフォンに棲む狐 1)ウィンディ・ガール サキソフォンに棲む狐I (サキソフォンに棲む狐 1)
(2012/09/15)
田中 啓文

商品詳細を見る

永見典子は須賀瀬高校一年生。吹奏楽部でアルトサックスを吹いている。父・光太郎は二年前に新宿で不審な死を遂げ、母の瑤子と二人暮らしだ。彼女の行動に異常に口出しする母に、反発する典子。そんな典子の秘密の親友は、彼女のサックスに棲みつくクダギツネのチコだ。譜面が絶対で、部員に命令を強制する顧問の高垣、いやな先輩・柿沢、厳しい練習、理不尽な説教、でも典子は仲間たちとレギュラー・オーディションやコンテストの準備に部活を頑張っていた。ところが、そんな吹奏楽部に、不思議で不吉なトラブルが次々に起こる。典子はチコの力を借りながら、トラブルを解決していく。一方、典子は父の最期の様子を知ろうと新宿に行き、ふと入ったライヴハウスでミュージシャン・坂木新のステージを観る。力強くさまざまなものを自由に表現するその演奏に強い衝撃を受け、典子は未知の音楽の魅力に導かれていく…。事件に、人に、音楽に、出会い、ぶつかり、悩みながら進む少女を描く連作小説。


うわぁ、ここで終わるの!?と思わず叫びたくなるラストである。一体自作ではどんな展開になるのやら。
永見典子は質屋でどこのメーカーのものとも知れぬ手作りらしいサックスと巡り合い、なんとか手に入れるが、そこには地狐(チコ)が棲みついていた。典子の父は永見光太郎。そしてサックス、と言えば、永見緋太郎と無関係とは思えないが、本作では関係性は明らかにされていない。そのうち明らかにされるのだろうか。一作目は、典子がジャズと出会うための導入篇のようだが、典子がどうジャズサックスとかかわっていくのかとか、父の死の真相とか、緋太郎との関係とか、二作目以降への期待がいやが上にも高まる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する