FC2ブログ

46番目の密室*有栖川有栖

  • 2012/11/16(金) 17:06:25

新装版 46番目の密室 (講談社文庫)新装版 46番目の密室 (講談社文庫)
(2009/08/12)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか―。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第一作を新装化。


火村&アリスシリーズの一作目である。どうしていままで読んでいなかったのか――読んで忘れているのかもしれないが――不思議なくらいである。火村はもうアリス言うところの「臨床犯罪学者」であるし、現場で絹の黒手袋もはめている。第一作からしっかりキャラクターができあがっていたのである。火村とアリスの役どころも然り、である。、全く古びていないどころか、最新作と比べてもちっとも遜色ないことに驚かされる。事件自体は、隠された驚きの真実によって、あっと驚く動機が明らかになり、火村やアリスとともに読者も目を瞠ることになる。どこから読んでも惹きつけられるシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する