64(ロクヨン)*横山秀夫

  • 2013/01/03(木) 13:49:30

64(ロクヨン)64(ロクヨン)
(2012/10/26)
横山 秀夫

商品詳細を見る

警察職員二十六万人、それぞれに持ち場があります。刑事など一握り。大半は光の当たらない縁の下の仕事です。神の手は持っていない。それでも誇りは持っている。一人ひとりが日々矜持をもって職務を果たさねば、こんなにも巨大な組織が回っていくはずがない。D県警は最大の危機に瀕する。警察小説の真髄が、人生の本質が、ここにある。


わずか8日の昭和64年に起きた誘拐殺害事件。14年経った現在も未だ犯人逮捕には至っていない。そんなD県警史上最悪で痛恨の「64ロクヨン」と符牒で呼ばれる事件を軸に、警察内部の確執と、広報官・三上のプライベートを絡め、緊張感あふれる濃く深い横山ワールドが展開されている。647ページというボリュームを感じさせない面白さである。最後は人間の職人魂とも言えるプロ意識がものを言うのだと思い知らされる一冊でもある。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する