FC2ブログ

仇敵*池井戸潤

  • 2013/02/09(土) 21:50:32

仇敵仇敵
(2003/01)
池井戸 潤

商品詳細を見る

大手都市銀行の次長職から地方銀行の庶務行員となった恋窪商太郎。駐車場の整理とフロア案内の傍ら、融資に悩む後輩社員へアドバイスする…そんな日々に、以前より「人間らしさ」を取り戻した恋窪だったが―。「正義」を求めたばかりに組織を弾き出された男が、大銀行の闇に再び立ち向かう!メガバンクの内幕と、地方銀行の実情を描ききる銀行ミステリーの傑作。


善悪が判りやすく、お約束のような勧善懲悪だが、そこがいい。いわれなき汚名を着せられて大銀行を追われ、地銀の庶務行員に甘んじている恋窪商太郎が、探偵役となって銀行がらみの事件を解き明かし、結果的に仇敵を追いつめるという設定には、おそらく誰もがカタルシスを感じるのではないだろうか。そしてそれを可能にするのは、やはり人脈なのである。池井戸作品では、毎回人脈のありがたみとパワーを見せつけられ、百人力を得た心地になる。恋窪の後継者がどんどん育ってくれるといいと願ってしまう一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する