リカーシブル*米澤穂信

  • 2013/02/24(日) 16:56:24

リカーシブルリカーシブル
(2013/01/22)
米澤 穂信

商品詳細を見る

父が失踪し、母の故郷に引越してきた姉ハルカと弟サトル。弟は急に予知能力を発揮し始め、姉は「タマナヒメ」なる伝説上の女が、この町に実在することを知る―。血の繋がらない姉と弟が、ほろ苦い家族の過去を乗り越えて地方都市のミステリーに迫る。


半分死んだような活気のない狭い田舎町。余所者がすんなりと馴染むのは難しい。母の故郷であるこの町に見つかった貸家で暮らすことになった中学生のハルカと血の繋がらない弟のサトル。サトルは、初めてみたはずのことを、以前にも見たことがあると言ったり、これから起こることがわかると言ったりするようになる。ハルカは社会の教師からタマナヒメの話を聞き、サトルに結びつけて興味を惹かれ、もっと知りたいと思う。タマナヒメの伝説と、高速道路誘致計画にまつわる事情が思ってもみなかったつながりを露わになったとき、切ない真実が明らかになる。大がかりなんだか、いじましいのかわからなくてやりきれない心地になる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する