FC2ブログ

スタンダップダブル!*小路幸也

  • 2013/02/26(火) 07:21:26

スタンダップダブル!スタンダップダブル!
(2012/11/15)
小路 幸也

商品詳細を見る

弱小だった神別高校野球部が、北海道の旭川支部予選を勝ち抜いていく―。彼らの不思議な強さの「秘密」に興味を持った全国紙スポーツ記者の前橋絵里は、やがて、ナインが甲子園を目指す特別な「理由」を知ることになる。その「秘密」と「理由」の中心には、見た目はそっくりながら性格は対照的な、エースピッチャーの青山康一とセンターの健一という双子の存在が…。少年たちのひたむきさに惹かれつつ、その強さの謎に迫る、ハートフル・エンターテインメント。


ピッチャーとセンターの双子の不思議な――DNAレベルのシンクロニシティのようなものだろうか――能力と、キャッチャーの並外れた瞬発的な判断力、それに加えて部員全員の甲子園で優勝するという目的意識の高さと強さ。さらに加えて陰ながら応援する親の深い愛とそれを支える友情。さまざまなあたたかさがつながり合い積み重なってパワーを発揮しているような物語である。爽やかで健やかで熱くて泣ける一冊である。が、ラスト近くで登場する監督の元チームメイトの存在が、不穏な影を落としたままなのが気になる。続編があるのだろうか。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スタンダップダブル! 小路幸也著。

《★★★★☆》 離れ離れになった仲間のために、絶対に甲子園に行くんだ! 神別高校ナイン、マネージャー、監督、そして彼らの不思議なプレーに気付いた新聞記者が夢を叶えるため

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2013/05/30(木) 16:27:59

この記事に対するコメント

面白かったですね~。野球にさほど興味がなくても分かりやすいし。
いや、でもちょっと描写多かったかな。まあまあルールは分かっているのでそれなりに楽しめましたけど、続編では野球よりも人間関係多めでお願いしたいです。(笑)

そうそう、あの元チームメイトのフリーライターさんもそうだし、女性記者も家族関係でなにかありそうだし、まだまだ問題は残ってますよね。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2013/05/30(木) 16:32:14
  • [編集]

まったく野球のルールを知らないと、ちょっとね、な一冊だけれど
さほど詳しくなくても充分愉しめますね。
続編、なかったら消化不良気味なので、ぜひ書いていただきたいですね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2013/05/30(木) 17:07:31
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する