FC2ブログ

蜂蜜秘密*小路幸也

  • 2013/03/21(木) 18:26:00

蜂蜜秘密蜂蜜秘密
(2013/02/14)
小路 幸也

商品詳細を見る

古くから〈奇跡の蜂蜜〉として大切に伝えてきた蜂蜜を守るため、自動車も使わず、火薬
も制限し、今でも様々な掟に従って暮らしている〈ポロウ村〉。
村の名家であり、〈ポロウの蜂蜜〉を採るために必要な〈キングサリー〉の花を代々栽培しているロウゼ家の一人娘サリーは、遠い国からの転校生としてやって来た少年レオと仲良くなる。深い山あいの、絵画のように美しい自然に囲まれた村の農学校で、少年少女は園芸や養蜂を勉強しながら日々を過ごす。だが、レオが来たのと時を同じくして、村には何かと異変が起こるようになる。森や泉で不思議な現象が続いたり、〈ポロウの蜂蜜〉をつくる〈ポロウミツバチ〉がぱったりと姿を消したり……。村の謎にレオが深く関わっていることにサリーが気づくのと同時に、村人たちもまたレオの正体を疑い始める。そして激しい嵐の晩、行方不明となったレオを探すサリーは〈ポロウの蜂蜜〉にまつわる古い古い秘密を知ることになる……。
ファンタジックな村を舞台にしながら、人が文明を進化させること、自然のなかで暮らすこと、大きな時の流れに否応なく変化していくこと、に静かな問いかけを投げる物語。


タイトルも装丁も、文字の大きさも、一見高学年向けの児童書のようである。実際ファンタジーのような物語も高学年くらいからのめりこんで読めそうである。だが、少年少女だけのものにするのはいかにももったいない一冊である。不老不死の効果があるとも言われて珍重されている「ポロウの蜂蜜」の秘密、と聞いただけで大人でもわくわくする。外界から閉ざされたと言ってもいいほど、蜂蜜のために守られた村に、外界から転校生がやってくるところから始まる物語は、まるで夢物語のようなのだが、切ない事実があればこそなのだということがやがて明らかになってくる。確信犯的な不純な心が滅ぼそうとしたものを、命をかけて守ろうとする者がいる。そしてその未来がきちんと続いていて、さらになお続いていくと思えるのが著者の物語である。囚われすぎずに守ってほしいと願わずにいられない一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する