沈黙の町で*奥田英朗

  • 2013/04/02(火) 07:30:04

沈黙の町で沈黙の町で
(2013/02/07)
奥田英朗

商品詳細を見る

中学二年生の名倉祐一が部室の屋上から転落し、死亡した。屋上には五人の足跡が残されていた。事故か?自殺か?それとも…。やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、同級生二人が逮捕、二人が補導される。閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、静かな波紋がひろがっていく。被害者家族や加害者とされる少年とその親、学校、警察などさまざまな視点から描き出される傑作長篇サスペンス。


ひとりの中学生の転落死が、周りに広げる波紋と、渦中の大波が見事に描かれている。気負うところも煽るところもなく、淡々と現実そのままが描かれているような印象である。当事者である中学生たちも、教師の反応、家族の心情、警察・検察関係者の思惑、遺族の感情も、現実とそう遠くはないのだろうと容易に想像できる。ことに中学生たちの心の動きが興味深い。名倉祐一の転落死のあとである現在と、そこに至る過去とを交互に見せる手法も、興味を増すのに効果的である。いつ隣で起こってもおかしくないように思える出来事の積み重ねが悲惨な結果を生んでしまうということを、肝に銘じなければいけないと思わされる一冊である。




V
V

TB
じゃじゃままブックレビュー

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沈黙の町で 奥田英朗著。

《★★★★★》 学校で一人の少年が死んだ。2階から転落して・・・。事故なのか、自殺なのか。 死んだ少年の背中には無数の抓られた痕があり、いじめが明らかになる。そして、仲の良かった少年4人が逮捕・補導される。 被害者の名倉少年の家族の想い、加害者とされた少…

  • From: じゃじゃままブックレビュー |
  • 2014/05/14(水) 18:11:08

この記事に対するコメント

見事でしたよね。
もちろん世間には、本当に事件のようなものもあるんだろうけど、中学生のいじめってこういうことから始まるんだよな~と。
堀田弁護士、嫌な奴っぽく書かれてますけど、言ってることはごもっとも、って思いました。藤田少年は黙ってられるでしょうか。

  • 投稿者: じゃじゃまま
  • 2014/05/14(水) 18:14:57
  • [編集]

奥田さん、巧いですね。
ほんの小さな芽が、目に見えない抗えない力でぐんぐん育ってしまう恐ろしさが、決して他人事ではない気がして、背筋が寒くなりました。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2014/05/14(水) 18:36:27
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する