トッカン the 3rd おばけなんてないさ*高殿円

  • 2013/04/20(土) 17:04:13

トッカン the 3rd: おばけなんてないさトッカン the 3rd: おばけなんてないさ
(2012/06/22)
高殿 円

商品詳細を見る

お金の警察とも言われる税務署。しかし税金滞納者の取り立てをする徴収官は、誰からも嫌われがちな存在―― ぐー子こと鈴宮深樹は、京橋中央税務署で、とくに悪質な滞納を扱う特別国税徴収官(略してトッカン)の鏡雅愛の下で働く若手徴収官だ。鬼上司・鏡とのコンビも2年目に入り、ぐー子自身もスキルアップ、鏡の罵詈雑言にもちょっぴり口答えできるようになってきた。だが、調子にのりすぎて鏡の故郷・栃木に対する無知をさらし、鏡の怒りを買ったところ、よりによって栃木への出張命令が。徴税対象の登記が管区内にあれば事業実態が遠方でも管区税務署の仕事だ。つまり、出張してでも状況を調べ、場合によっては差し押さえに赴かねばならない。今回の対象は鹿沼にある運送会社と日光の霊水を使った霊感商法。けれど、思わぬところで鏡の元嫁や地元の同級生などが現われて、波乱含みの旅の予感に……少し成長したぐー子の活躍と、気になる鏡の心の内が明らかに! 人とお金の謎に迫る、話題沸騰の税務署エンターテインメント『トッカン』シリーズ第3弾。


鏡特官と涼宮が、どうしても有川さんの堂上教官と笠原郁と重なってしまうのだが、この設定は嫌いじゃないので、それはそれこれはこれということで、堂上・笠原甘々コンビのことはなるべく頭から追い出すようにして読む。鏡特官とぐー子はあれほど甘々になれるかどうかもまだ皆目判らないことでもあるし。ぐー子は三作目にしてかなりいろいろな面で学習してきており、鏡特官にやりこめられるばかりではなく、言い返すこともできるようになり、仕事面でも順調に独り立ちできるようになりつつあって――それがいいのか悪いのかはさておき――、彼女の仕事ぶりも愉しみになってきた。鏡の同級生たちのキャラがあまりに独特なのは笑えるが、普段疎遠にしていても何となく奥の奥で繋がっているような心強さを感じられるのがぐっとくる。良いお金と悪いお金のことを考えると、頭の中がグルグルしてしい、大見謝家の場合は堪らない思いもなくはない。次も愉しみなシリーズである。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する