果つる底なき*池井戸潤

  • 2013/05/10(金) 17:06:19

果つる底なき果つる底なき
(1998/09)
池井戸 潤

商品詳細を見る

元三菱銀行員の大型新人(35歳)が内幕を抉る新しい金融サスペンスの誕生!
第44回江戸川乱歩賞受賞作!
債権回収を担当していた同僚が死んだ。謎の言葉と、不正の疑惑を残して。彼の妻は、かつて「私」の恋人だった……。先端企業への融資をめぐる大銀行の闇に、私は1人、挑む。


1998年の作品である。だがもうすでに池井戸節全開である。ただ、いまよりも人はたくさん死んでいて、それが信じられないような理由で、許せないしやるせない。内部に――銀行的に言えば――反逆者のような者がいなければ、すべてがうやむやにされて闇に葬られていくのかと思うと、憤りが治まらなくもある。かなりの誇張があることを願わずにいられない一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する