珈琲店タレーランの事件簿*岡崎琢磨

  • 2013/05/26(日) 13:52:22

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る

京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。


タイトルを一見、あの作品にそっくり、という印象が先に立ち、読み始めても、舞台が古書店から珈琲店に変わっただけで、設定もキャラクターも似通っているのでどうしても比べてしまう。ミスリードを狙ったことが見るからに判る書き方が散見されるのも、いささか興ざめでなくはない。ここぞというところだけにすればもっと効果的なのでは、とちらりと思う。似ているとは言え、設定や謎解きの過程自体は嫌いではないので、シリーズ二作目に期待したい一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する