愛の夢とか*川上未映子

  • 2013/06/09(日) 16:41:56

愛の夢とか愛の夢とか
(2013/03/29)
川上 未映子

商品詳細を見る

あのとき、ふたりが世界のすべてになった。なにげない日常がゆらいで光を放つ瞬間をとらえた、心ゆさぶる7ストーリーズ。


表題作のほか、「アイスクリーム熱」 「いちご畑が永遠につづいてゆくのだから」 「日曜日はどこへ」 「三月の毛糸」 「お花畑自身」 「十三月怪談」

決してわかりやすい物語ではないのだが、前の読書がわかりにく過ぎたので、どことなく同じ匂いを感じないではないが、何となくほっとした気分で読めた。少なくとも同じ地平に立っていると思える物語たちである。誰かにとって大切なもの、自分にとっての譲れないもの、そしてそれらとのかかわり方、すれ違い方。そんなことごとが、さまざまな場面で描かれているように思う。同じ地平に立っているとは言え、ほんの5ミリくらい浮いた場所から眺めるような一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する