正義をふりかざす君へ*新保裕一

  • 2013/07/19(金) 17:03:58

正義をふりかざす君へ正義をふりかざす君へ
(2013/06/11)
真保裕一

商品詳細を見る

地元紙の記者だった不破勝彦は、神永美里と結婚し、義父の仕事を助けるべくホテル業へ転身する。が、やがてホテルは不祥事を起こし義父は失脚、妻との不和も重なり、彼は故郷から逃げ出した。七年後―彼は帰りたくない故郷へと戻る。元妻の不倫相手を救うために。問題を起こしたホテルを、正義の名のもとに攻撃した新聞社。そのトップに就任したのは、高校の先輩である大瀧丈一郎だった。ホテルは彼の傘下に吸収され、不破を恨む者たちが次々と現れる。そして、ついに魔の手が彼を襲う―!「正義」の意味を問い直す、渾身の長篇ミステリー!!


地方都市の市長選に絡み、利権にしがみつく者、正義をふりかざす者、利用される者、だまされる者、無邪気に信じる者など、人々の在りようがクローズアップされる。正義の名の下であれば何をしても許されるのか。そしてそれは罪に問われることはないのか。誰を信じていいのかさえ分からない中、勝彦は結局何のために思い出したくない過去と向き合わなければならなかったのか。真実が明るみに出たときの驚愕と脱力感は言いようがないものだった。正義とはなにか、信義とは、真実とは何かを考えさせられる一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ちょうど読み終えたばかりです
真保さんらしいまじめな作品でした
途中からスピード感が加速して
一気に読ませる手法はさすがです
旧作「ダイスをころがせ」で選挙について
取材したり書いたりしたのも
下敷きになっているようです

  • 投稿者: チョロ
  • 2013/07/19(金) 19:03:17
  • [編集]

チョロさんも読み終えられたばかりなのですね。
『ダイスをころがせ』は未読ですけれど、選挙がらみの作品なのですね。
今作には確かに取材が生かされている感がありますね。

  • 投稿者: ふらっと
  • 2013/07/19(金) 19:22:49
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する