うかんむりのこども*吉田篤弘

  • 2013/10/17(木) 07:32:59

うかんむりのこどもうかんむりのこども
(2013/09/30)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

「自我自讃」に「自画持参」、「短刀直入」、一番大切な漢字を決める……文字モジした言葉エッセイ集。「俺」と「僕」には「人」がいるが、「私」の中には不在の「人」。「禾」が「人」になると「私」は「仏」、死して「私」は初めて「人」になる? 絵文字の元祖、(笑)(怒)(仮)につづく( )内の新顔、あらゆるところに潜む「心」、一番偉そうな漢字、文字を売る店……クラフト・エヴィング商會の物語作者がカラーイラストつきで綴る、日本語の愉しみ方。


これはおもしろい。漢字の成り立ちにも、意味づけにも、文字そのものにも、言葉というものにも俄然興味が湧く。なるほど、と頷くことも度々である。クラフトエヴィング商會の手に成る挿画も、シンプルでさりげないながら、洒脱で素敵である。いろいろ愉しい一冊だった。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する