ミーコの宝箱*森沢明夫

  • 2013/12/16(月) 19:58:05

ミーコの宝箱ミーコの宝箱
(2013/09/19)
森沢 明夫

商品詳細を見る

生まれてすぐに両親に捨てられ、祖父母に育てられたミーコの特技は、毎日、「小さな宝物」を見つけること―。孤独と不安のなかにも、一縷の希望を探し続けるミーコの半生を、祖父、同級生、教師、ボーイフレンド、そして愛する娘・幸子の視点で切り取った感涙のハートフル・ストーリー。


タイトルから想像する内容と表紙の写真とがミスマッチだなぁと、読む前には思っていたが、読んでみればそういうことだったのか、と納得する。哀しみや寂しさ、満たされなさが満ち満ちていて、そしてそれをどこかへ押しやるほどに愛が満ちている物語である。鬼のようだと思っていた祖母の愛、いつもその隣にいる祖父の愛、学校の友だちの数少ない愛、常連客の愛、そして愛娘・チーコにそそぐ無償の愛とチーコがミーコに抱く愛。哀しく寂しく切ないが、とてもしあわせであたたかい一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する