FC2ブログ

次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?*柴崎友香

  • 2004/10/07(木) 20:04:45

☆☆☆・・



表題作と「エブリバディ・ラブズ・サンシャイン」の二編。

登場するのは大阪の若者たち。従って話し言葉は大阪弁である。
この二つの物語では これが必須なのだろうと思わされる。東京言葉では表わせないであろう 時計の針がゆっくり回るような空気感である。

次の町に着いてしまえば、人は何かやることがあるのだ。何かをするためにその町へと出かけてゆくのである。しかし、次の町へ行くまでの移動の道のりはときに遥かに遠く、町に居る時間よりもずっと長いかもしれない。
次の町までどんな歌をうたうかが、人がどう生きるか ということなのかもしれない。
私は 次の町まで、どんな歌をうたおうか。

 TB
mamimixさん

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」 柴崎友香

次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.28柴崎 友香〔著〕河出書房新社 (2001.2)この本は現在お取り扱いできません。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る

  • From: 今日何読んだ?どうだった?? |
  • 2005/08/28(日) 14:12:01

この記事に対するコメント

次の町まで歌ううた。

こんにちは。TBありがとうございました。
わたしにはかったるく思えた話でしたが,
ふらっとさんの書評を読んで「なるほど」
と思った次第です。

わたしもどんな歌をうたおうか。
それを考えてみたいと思います。

  • 投稿者: mamimix
  • 2005/08/28(日) 14:13:41
  • [編集]

たしかに

≪かったるい≫なかを漂っているような心地ですよね^^;
「いつしゃっきりするんだぁ!」って
言いたくなったりも*笑*

  • 投稿者: ふらっと
  • 2005/08/28(日) 16:41:33
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する