問いのない答え*長嶋有

  • 2013/12/30(月) 07:06:01

問いのない答え問いのない答え
(2013/12/09)
長嶋 有

商品詳細を見る

なにをしていましたか?
先週の日曜日に、学生時代に、震災の日に――様々な問いと答えを「遊び」にして、あらゆる場所で緩やかに交流する人々の切実な生を描く、著者四年振りの長篇群像劇。
震災発生の三日後、小説家のネムオはtwitter上で、「それはなんでしょう」という言葉遊びを始めた。一部だけ明らかにされた質問文に、出題の全容がわからぬまま無理やり回答する遊びだ。設定した時刻になり出題者が問題の全文を明らかにしたとき、参加者は寄せられた回答をさかのぼり、解釈や鑑賞を書き連ね、画面上に“にぎやかななにか”が立ち上がるのだ。最近ヘアスタイリストと離婚したばかりの「カオル子」、ボールベアリング工場勤務の「少佐」、震災を機に派遣社員をやめた「七海」、東京郊外の高校に転校してきたばかりの美少女「蕗山フキ子」……気晴らしの必要な人だけ参加してくださいという呼びかけに集まったのは、数十人の常連だった。グラビアアイドルに取材する者、雑貨チェーン店の店長として釧路に赴任する者、秋葉原無差別殺傷事件の犯人に思いをやる者、亡き父の蔵書から押し花を発見する者、言葉遊びに興じながら、彼らはさまざまな一年を過ごす。そして二〇一二年四月、twitter上の言葉遊びで知り合ったある男女の結婚を祝うため、たくさんの常連たちが一堂に会することになり――。


Twitterをやったことのない人には、なんだかよくわからず、読みにくいだろうなぁ、とは思う。だが、やったことのある人には、あぁ、そうそう、と思わされることが多々あり、普段何気なく素通りしていることに改めて気づかされることもある。インターネット上の交流の手軽さと存外の奥深さを併せ持ったような印象である。インターネット上で買わされる軽い会話の基には、当然のことながらここの地道な暮らしが厳然と横たわっているのである。それを飾り、上辺だけを掬い、あるいはありのままを曝け出して、人々は140文字で孤独に呟きつつ他社と交わる。不完全な問いに答えるという、ただそれだけのことが、自分の裡側をみつめるきっかけになることもあり、思いを解き放つことになることもある。寂しいような愛おしいような一冊である。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する