FC2ブログ

どんどん橋、落ちた*綾辻行人

  • 2004/10/11(月) 20:08:37

☆☆☆・・


 究極のフーダニットか、袋小路への道標か。
 ミステリ作家・綾辻行人のもとに持ち込まれる難事件の数々!
 落ちた[どんどん橋]の向こう側で、 
 殺人はいかにして行われたのか?(表題作)
 “明るく平和な”あの一家を次々と不幸が襲い、
 ついに最悪の犠牲者が・・・・・ (「伊園家の崩壊」)。 
 ほか、全五編。
 本格ミステリの現在と未来を問う、
 超難問“犯人当て小説”傑作集!

                                      帯より

 著者のことば
 収録された五つの中短編はどれも、
 いわゆる“犯人当て小説”の部類に入るものです。
 五つのうち四つには「挑戦状」も付いていますが、
 はっきり云って、一筋縄ではいかない作品ばかりです。
 「こんなのあり?」とお怒りになる方もおられるかもしれませんが、
 はい、こんなのも、このような“書き方”ならばありでしょう。
 しかしもちろん、
 「これぞ本格ミステリの真髄」などというような代物では、
 これらは決してありません。くれぐれも早合点されませんように。

                         (表紙裏より)


犯人当て小説、という点では上記のとおりであり、それぞれにアンフェアになるギリギリのところで愉しませてくれるのだが、それ以上に 五編の犯人当て小説が盛り込まれたこの一冊の構成の妙に惹きつけられる。
綾辻行人とは 本当は誰なのだろう・・・?  なんて。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する